高さや用途に合わせて選ぶ!ローソファーの選び方


ローソファーの座面の高さで選ぶ

ローソファーは通常のソファと異なり、座る部分が地面に近いソファのことです。様々な形状のローソファーが販売されていますが、まずローソファーを選ぶポイントは座面の高さです。ローソファーの座面の高さは、一般的に10cm~30cmとなっており、用途に合わせて選ぶことができます。10cm~20cmの高さのローソファーは、地面とほとんど差がないため、落下が心配な赤ちゃんがいる家庭にもぴったりです。こたつとの相性もよく、地べたに座ることが多い人にとっては、馴染みやすい高さでしょう。20cm~30cmの高さのローソファーは、低すぎるソファでは立ち上がりにくい足腰の弱い老人や、座面が低すぎると座りにくいミニスカートの女性でも座りやすい高さです。

ローソファーの形状で選ぶ

次に、ローソファーの形状でも選ぶことができます。ローソファーには、背もたれの高いハイバックのものと背もたれの低いローバックのものがあります。ハイバックローソファーは、安定感があり、背もたれに寄りかかっても後ろに倒れにくいですが、重厚感があるので壁付けの配置をするのがおすすめです。ローバックローソファーは、圧迫感がなく、お部屋を広く見せてくれる効果があるため、部屋の中央に置いても開放的なスペースを演出できます。また、くの字型のコーナーローソファーは、お部屋の隅のデッドスペースを有効活用することができます。ローソファーでゆったりとくつろぐためには、座面の高さや形状にもこだわって選びたいですね。

ローソファーとは、座る所が低いソファーのことです。圧迫感がなく、部屋が広く感じることがメリットです。ソファーが低いため、怪我などの危険性が少なく、子どもやお年寄り、ペットの居る家庭に人気があります。