森やガーデンのナチュラルなグリーンを花嫁を引き立てるテーマカラーに!


グリーンを上手に使う

まるで妖精や無邪気で自由気ままな少女のように演出したいのなら、木々や芝生などガーデンやグリーンを味方につければ、花嫁の初々しさやドレスのホワイトカラーが際立ちますよ。ウエストのリボンはフラワーリースに合わせてグリーン系にしてもいいですが、肌の色に近いピンクベージュなら、どんなテーマカラーでもマッチしやすいでしょう。エアリーなドレスには、ダウンヘアを合わせますが、無造作に見えるダウンヘアこそ、手をかけて動きのあるスタイルに仕上げます。リースブーケは、グリーンミストやナズナを使ったり、野菜系の素材を使うことで、リラックス感を出すといいでしょう。

ナチュラルテイストに

同じドレスでも大人っぽいテイストに仕上げるのなら、サムシングブルーのアクセントもいいでしょう。ベロニカの花とダークネイビーのウエストリボンは、ロマンティックな個性を際立たせてくれますよ。ヘアスタイルはサイドからバックに流し、ゆるくまとめたヘアが優しい顔立ちを演出してくれます。一方で、モーブ系のピンクをチョイスすれば、ナチュラル感を出すことも可能です。ヘアスタイルはまとめて、シニヨンもあえておくれ毛を出すスタイルで軽やかに仕上げましょう。さらに、イエローは、自然の中でのラスティック・ウエディングによく合いますよ。

自然な統一感を出していく

テーブルや空間にブーケや髪飾りと同じ花材を用いることで、統一感を出していきましょう。アストランチアやダスティミラーなど野の花を主役にした装飾なら甘くなりすぎずに、上品でオーガニックな印象になります。また、フラワーシャワーで床に広がる花びらも大切な色の演出です。リゾートやガーデンのウエディングなら素足の花嫁に合わせた色味もいいでしょう。

京都の結婚式場には様々なタイプがあり、洋風のチャペルの他に京都らしい和の景観が楽しめる結婚式場もあります。