どうやって決たら良いの?結婚式場の選び方。


まずは、式の概略を決めましょう。

結婚式のおよその日取りが決まったら、式と披露宴の概略を決めます。結婚式の形式には、神前、キリスト教式、仏前、人前結婚式などがあります。現代、一番選ばれているのが、神前結婚式です。どの形式にするかは、両家の信仰宗教などにもよりますが、特別な事情がなければ、当人たちの希望を優先しましょう。昔は、両家の信仰宗教が違う場合、男性側の意向に沿った形式の結婚式が選ばれましたし、現在でもその傾向は乗っていますが、当人同士・両家がよく話し合い、納得できる結婚式にします。結婚式・披露宴の形式が決まれば、おのずから、結婚式場の選択肢も決まってきます。

いろいろな結婚式場があります。

現在、もっとも利用されているのが結婚専門式場です。豪華な雰囲気を望むならホテルが、費用をおさえたければ公共施設がお勧めです。最近は、式と披露宴を一か所で行う傾向がありますが、キリスト教式や仏前結婚式の場合は、結婚式場と披露宴会場を別々に手配する事が必要となる場合もあります。この場合、結婚式場と披露宴会場はなるべく近いところで探し、当人たちはもちろん、出席者に移動の負担をかけないような配慮も必要です。

結婚式・披露宴費用の見積もり

結婚式と披露宴に必要な費用は、挙式料、衣装代、料理・飲み物代、演出料、引き出物代、写真撮影代などです。出席者の人数、食事の形式、披露宴の進行など、細かいところまで説明を聞いて、見積もりを出してもらいましょう。いくつかの結婚式場の候補から、見積もりを出してもらい、予算と明細を比較して、一番適当と思われる結婚式場を選びます。総費用の目安は、料理代×出席者の人数×2。この範囲であれば、妥当な料金です。

福岡の結婚式場は非常に多く存在し、費用をはじめとした様々な面が式場ごとに異なるため、予算などの希望条件をもとに選びたい場合でも安心です。